Original Tshirt

このサイトは 『自分でオリジナルTシャツを作っちゃおう』 をテーマにシルクスクリーンによる
クラスTシャツの作り方やTシャツの基礎知識などを交えたオリジナルTシャツの情報サイトです♪

Tシャツの豆知識

Tシャツの豆知識をご紹介します。

Tシャツの洗濯方法

Tシャツを選択するとき、洗濯機へ入れる前のひと工夫が大切です。そのひと工夫とは、まずTシャツを裏返しにします。プリントの色あせや、色落ちなどを防ぐためです。そして、選択ネットへ入れます。ネットへ入れることでほかの洗濯物との摩擦が避けられるので、生地の毛羽立ちを抑えることができます。また、型崩れしにくくなるので、必ずネットへ入れることを忘れないようにしましょう!!

洗濯が終わり、干すときもひと工夫が大切です。まず、Tシャツが裏返しになっているかどうか確認をしましょう。洗濯のときに裏返しにした場合は、そのままでよいのですが、もし裏返しをしていなかった場合は、干すときにしましょう。そして、Tシャツを二つ折りにしてタオルのようにハンガーを通します。そうすることで、襟の伸びを防げますし、へんなハンガーの跡残りを防ぐことができます。それで干すだけでTシャツの持ちもだいぶ変わりますよ。

クラスTシャツとは主に中学生や高校生、大学生などが学園祭や体育祭などでみんなでおそろいのTシャツを着ているのを見たことがあると思います。それがクラスTシャツです。最近ではクラスTシャツといってもトレーナーやパーカーなど色々なオリジナルアイテムが増えています。

TシャツSOS

ケチャップをこぼしてしまった・・・そんな場合は、洗濯をする前に、汚れに直接洗剤をかけておきます。そして上記にあるような方法で洗濯をします。脱水をする前に、落ちているかチェックしましょう。落ちていない場合は、また同じように汚れに直接洗剤をかけて、洗濯をしましょう。だいたい3回ほど繰り返すとケチャップは綺麗に落ちてくれますよ!!

血がついちゃった・・・そんな場合は、まずは柔らかい布を探し、それに水を含ませます。そして、汚れている部分を強く叩いていきます。叩くうちにだんだんと汚れが布へ落ちていきます。ある程度叩き終わったら、その汚れの部分へ熱湯をかけましょう。すると、落ちそうになっていた汚れが落ちていくのがわかります。それでもまだ残っている場合は、また同じように水を含んだ柔らかい布で、汚れた部分を叩き落としていきます。そしてまた熱湯へを繰り返しましょう。

recommend

着ぐるみ 製作

2018/6/14 更新

Copyright(c) 2008 Original Tshirt. All rights reserved.